MENU

S&Aリニューアル設計の長期修繕計画見直しの流れ

お問い合わせ
長期修繕計画見直しの流れ

長期修繕計画見直しの流れ

長期修繕計画見直しに関するお問い合わせから実計画作成までの流れをご紹介します。

お問い合わせ・ご相談

理事会または専門委員会で検討後、総会決議を経て長期修繕計画の見直しが決まったら、お問い合わせフォームまたはお電話でお申込みください。
ご相談の際は、現在ある長期修繕計画書一式、今までの修繕工事の内容を示した書類、竣工図書など新築時からの記録書類をお持ちください。

既存計画書やその他書類の確認・精査

お預かりした書類をはじめ、管理規約や予算、決算などの資料をもとに、建物や設備の仕様・現状、収支を確認します。
また、管理組合さまのご希望や理想のニーズの聞き取りも併せておこないます。

建物調査

アンケート調査、目視調査、破壊試験調査など、代表みずからが調査を担当し、建物の状況を正確に把握します。

繕計画・資金計画策定

修繕周期や対象項目、工法を検討し、修繕費用を算定します。
また、修繕積立金による収入や支出、残高を一覧化した収支表には、余剰金の運用条件や資金がショートした場合の手段なども反映していきます。

区分所有者への事前説明会・総会決議

策定した計画をもとに理事会・専門委員会の方々と協議をおこない、調整した計画を事前説明会で区分所有者のみなさまの意見を集約し、必要に応じて再調整し、総会で決議をとります。
事前説明会、総会では、長期修繕計画の在り方から見直しのポイントまで、わかりやすくご説明します。

運用

策定した長期修繕計画に基づき、修繕計画の実施をサポートします。また、つねに実情に合った修繕を実行できるように建物の劣化進行状況を定期的にチェックし、計画に反映します。

何から始めればいいかわからないという理事・修繕委員の方

S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。給排水設備や建物をどのように手当てすれば、永く快適な暮らしを確保できるのか。どのようなビジョンを持って、長期修繕計画を立てるべきかを熟知しています。ちょっとした疑問でも、わかりやすくお答えします。どうぞお気軽にお問い合わせください。