MENU

大規模修繕コンサルタント業務の特長

お問い合わせ
コンサルタント業務の特長

コンサルタント業務の特長

私たちは、大規模修繕のコンサルタントとして、蓄積してきた知見や実績をフルに活用します。

Point1 「合意形成」や「住みながらの工事」の進め方を熟知しています

大規模修繕の成功のカギを握るのは、管理組合の合意形成と住みながらの工事への対応です。
わたしたちは、大規模修繕工事よりさらに各住居内に踏み込む給排水設備のコンサルタントもおこなっています。
だからこそ、どのように説明すれば居住者さまにご理解・ご納得いただき、ご協力をお願いすることができるのかが身に染みるほどわかっています。
居住者さまへの広報のタイミングから伝え方、配布方法などを含めて、的確にアドバイスすることが可能です。

Point2 建物の資産価値を中長期的な目線で維持・向上します

管理組合のみなさまからすると「劣化した部分はすべてきれいにしてほしい」と思うのは当然。ですが見た目は劣化していても、すぐに工事をする必要がない場合もあります。 その逆で、あまり傷んでいるように見えない箇所に手入れが必要なこともあります。
いつ・どのタイミングで・どの部分の工事が必要なのかを、建物の状況と残っている修繕積立金を考慮しながら判断するのは、いかに一級建築士でも、修繕工事特有のノウハウがないと難しいことです。
わたしたちは、改修ひとすじの一級建築士事務所。
いままで多くのマンションの改修計画や長期修繕計画を手がけてきた知見と実績から、お客さまの暮らしと建物の将来に貢献する大規模修繕工事を実現します。おかげさまで「次の大規模修繕もS&Aさんにおまかせしたい」といううれしいお言葉をいただいています。

Point3 技術とホスピタリティに富んだ施工会社の見きわめをサポートします

大規模修繕にかぎらず、建設工事のよしあしは、実際に作業をする各工事の職人の腕で決まります。
そして、大規模修繕特有の「住みながらの工事」では、工事中にマンション内を行き来する職人の心配りで、居住者さまの印象が変わります。
その職人を束ねる施工会社には、揺るがない経営基盤があることはもちろん、会社の取り組みや姿勢、関係会社への配慮、さらに職人と同等もしくはそれ以上の知見が求められます。とくに、現場を取り仕切る現場代理人の素養は重要なポイントとなります。
施工業者選定の場においては、提出書類から読み取れる情報で各社の比較表を作成するだけでなく、技術や体制づくり、現場代理人の仕事に対する意欲や進め方が明らかになるような設問を投げかけるなど、理事・修繕委員の方々がよりご自身のマンションに合った施工会社を見つけるサポートをおこないます。

何から始めればいいかわからないという理事・修繕委員の方

S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。給排水設備や建物をどのように手当てすれば、永く快適な暮らしを確保できるのか。どのようなビジョンを持って、長期修繕計画を立てるべきかを熟知しています。ちょっとした疑問でも、わかりやすくお答えします。どうぞお気軽にお問い合わせください。