MENU

給排水設備や建物の劣化状況ご報告

お問い合わせ
劣化状況のご報告

劣化状況のご報告

診断の結果を1冊の報告書にまとめ、報告書の内容に沿って理事・修繕委員さまに劣化状況をお伝えします。

調査の経緯、診断結果をわかりやすくご報告

設備や建物調査の成果物となるのが、診断報告書。
診断概要や目的、方法を記すのはもちろん、専門家としての知見や経験を生かして診断・所見をお伝えします。この報告書が、のちの給排水設備工事や大規模修繕工事につながることになりますので、 できる限りわかりやすく、平坦な表現を用いて報告書を作成しています。

報告書の概要

●調査概要・仕様

調査名称や目的、担当者、実施日などの基本情報のほか、調査方法やサンプル数などを記載します。

●調査結果

工事の緊急度が把握しやすいよう、調査結果を4段階評価で記します。また、設備や建物の図を用い、劣化の進み具合を目で見て理解できるようにしています。

●調査記録写真
内視鏡写真
調査作業記録

調査の工程や調査結果は、写真を用いてご説明します。注目すべき部分は矢印や丸印を用い、後から見返しても重要点を認識できるようにしています。

●補足・用語集
タイル浮き要因図解
排水管内部の汚れの付着状況図解

専門用語や口頭や文章でのご説明が難しい事柄については、図を用いてお伝えしています。理事・修繕委員さまからは「教科書のようにわかりやすい」という声をいただいています。

何から始めればいいかわからないという理事・修繕委員の方

S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。給排水設備や建物をどのように手当てすれば、永く快適な暮らしを確保できるのか。どのようなビジョンを持って、長期修繕計画を立てるべきかを熟知しています。ちょっとした疑問でも、わかりやすくお答えします。どうぞお気軽にお問い合わせください。