MENU

給排水設備や大規模修繕工事の工事監理

お問い合わせ
工事監理

工事監理

工事が予定どおりに進んでいるか、正しく施工されているか。施工業者と蜜に連絡を取り合い、確認しながら工事完了まで導きます。

各工程で、徹底した監理をおこないます

工事監理の工程では、施工の品質と安全を確保するため、責任者がスケジュールや仕様書どおりに工事が進んでいるかを確認します。
建築基準法では、建築物の工事にあたり工事監理者を定める必要があること、中間検査・完了検査などの各工程ごとに、申請書に工事監理状況を記載することを義務づけています。
そうした規定を遵守し、工事の状況を正確に報告・申請するための書類作成をおこなうことはもちろん、施工会社や工事関係者とのコミュニケーションをとりながら、第3者の目線で施工品質を監理します。

工事監理では主に以下のような業務を執り行います。

■設計の意図を施工者に正しく伝える
■施工状況・施工図を設計図と比較し、随時検討、確認する
■定例会議でお客さまに工事の進捗をわかりやすく報告する
■工事の進捗が設計図書に従っているかどうかを確認する
■工事監理報告書と関係図書のお客さまへ提出する

工事監理の概要

●着工前打ち合わせ

居住者さまに向けた工事説明会の前に、居住者さまにお渡しする資料の内容を確認したり、準備や手配に抜けもれがないか確認します。

●工事説明会の立ち合い

施工業者が主催する工事説明会に立ち合い、必要に応じて補足説明やアドバイスをします。

●各種書類・届出書の確認

管理組合と施工業者の間で交わされる工事請負契約書や、労働基準監督署・諸葛消防署・警察署への手続き、保険の手配などを確認します。
また、施工業者から提出される工事の詳細スケジュールや仮設計画図など書類を確認し、その内容が仕様書や契約書の内容と一致しているか、ムリのない現実的なプランかなどを検証します。

●工事工程の打ち合わせ・現場確認

工事が仕様書にもとづいて適切におこなわれているか、予定どおりに進行しているか、現場を巡回しながら確認します。
検討が必要な場合は現場代理人に指導・助言します。

●定例会議開催

工事期間中の進捗報告やお客さまからのご要望、追加工事が発生した場合に審議をおこなうために、理事、修繕委員、現場代理人とともに会議の場を設けます。

●品質・工程・安全管理指導

安全管理に十分注意し、適切に各工程が進行するよう確認し、施工業者に指導や助言をおこないます。
また、各工事に使用する機材や材料などの管理方法についても併せて確認します。

●各工程検査・居住者立ち合い検査

マーキング、下地補修後、足場解体前などの重要な工程で検査をおこないます。

●居住者立ち合い検査

工程検査とは別に、下地補修後、足場解体前、竣工時の工程で、居住者さまの前に監理者として現場検査をおこないます。

●竣工検査

竣工時に最終検査をおこないます。万一不足や未完了の工程がある場合は、施工業者側の現場代理人の立ち合いにより残工事リストを作成し、期日までに完了を確認します。

何から始めればいいかわからないという理事・修繕委員の方

S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。S&Aリニューアル設計は、マンション修繕専門のコンサルタント。給排水設備や建物をどのように手当てすれば、永く快適な暮らしを確保できるのか。どのようなビジョンを持って、長期修繕計画を立てるべきかを熟知しています。ちょっとした疑問でも、わかりやすくお答えします。どうぞお気軽にお問い合わせください。